根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

大柄な人が機内で隣に来ると、、

これまた、今日のイメージ写真ですが、前に僕が営業している時に使用していたカローラバンが停まっていたので、懐かしさあまりにパチリ!と撮影させていただきました。25年くらい前に乗っていたのですが、日々の脚として、営業はもちろんのこと、協力いただいている製本会社に刷本(さっぽん)と言ってA1もしくはA2サイズになったものをパレットごと乗せて加工をお願いに持ち込んだりと思い出のあるクルマです。「おっさん!昔の話するな!」とお叱りを受けるかもしれませんが、大きいプロジェクトがある時は、クライアントさんに1日に11回校正をいただきに行ったり、進捗管理しながらのバリバリアナログ時代でバタバタと動いていたことが懐かしく思い出しました。僕の思い出に残る「愛車遍歴です」。こう見えても意外とよく仕事していたような、、
いよいよ本題へ。今日はどんなネタにしようか、迷っているとWall Street Journalのコラムに同感!という記事を見つかました。僕は出張の場合、飛行機を利用しますが、結構の確率で隣の方がデカイ!方が座っています。そうなるとまず、肘当ての取り合いとなるのですが食い込んでいるので、小太りの僕も負けてしまいます。主に大阪ー東京のドル箱路線ですので、夕方以降の便は満席も当たり前です。まだ、1時間程度ですので我慢できますが、長距離路線で窓側の席だったら本当にツライ!ことになります。アメリカで有名なLCCのサウスウエスト航空では、嬉しいサービスがあります。大柄の乗客はあらかじめ2席購入しておいて、空席だと1席分は戻ってくるようにしています。提言ですが、荷物に関してはサイズオーバーですと追加料金になりますので、幅が大きい場合や体重が重たい場合はあらかじめチェックインする時に2席に購入するか、もしくはグレードアップでファースト・ビジネス席を購入するかをしてもいいのでは?と思います。そうなると体重がバレてしまう!とクレームになるかもしれませんね。