根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

自動フイルム包装機

みなさん、料理するときにチャック付きの袋がよく使用しますか?僕は、たまに余ったり、いたみかけの野菜を酢漬のピクルスにしたりすると、おかず一品になります。野菜をザクザク切ってカンタン酢(あっ!商品名ですので調味酢というらしいのですが)に浸けておくとご飯前のビールで先に一杯のお供としてはサイコーなんです。最近はホームセンターにありサイズも食材を入れる大きさに応じて様々な種類が販売されています。先日、日経新聞土曜日版の綴込されている頁に「生のまま 料理別に1食分」と特集が組まれていて、生野菜を保存するために小袋にカットされた野菜を鍋用、定番野菜(八宝菜など)、和風野菜(煮物などの根菜類)、洋風野菜(ラタトゥイユ)などにジャンル別に保存するコツが紹介されていました。冷凍野菜は栄養がない!とばかり思っていましたが、冷凍されても栄養は常温と同様にキープされているものもあります。お仕事で忙しい場合、外食ばかりだとお財布が保たない!などありますのでサッサっと調理できるので大助かりです。そういえば我が家では、チャック付き袋の料理を好んで作っているものがあります。鶏ハムです。胸肉を袋に入れ、湯せんと低温調理で中まで火を入れたら出来上がり!です。あとは酢醤油かゴマだれでいただきます。お手軽料理ですのでお試しあれ!
前置きが長くなりましたが、今日のネタは業界が違えば知らないことがたくさんある!ということのお話です。日曜日、誰も起きてなくてあまりにお腹が減っていたのでコーヒーでも一杯飲みながら「社長の部屋」を書こうと、冷蔵庫を開けると購入してだいぶ時間の経過したイチゴパックがありました。それが今日の写真です。みていただければわかるように先端の軸のところも水分が抜けてしまっています。一刻も早く食べないともう果実が変色してしますので、喉を潤すためにいくつか口にしました。よーくみてみると、フィルムの側面にテープ糊のようなものが仕込んでありました。イチゴの収穫・パック詰めは時間のかかる作業ですので、機械を通してシートをパックに貼付しないと出荷に影響してしまいます。それが綺麗に貼付されていますのでやっぱり機械に通してフィルムで抑えていました。調べてみるとその専用の機械もあることがわかりました(http://www.strapack.co.jp/productinfo/cat77/cat129/)。てっきり人海戦術でセロハンテープとばかり思っていました。機械の構造をみると納得でした。われわれグラフィック産業でも、いろんな機械がありますが産業が違えば、学ぶことやヒントになることがいっぱい埋まっています。