根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

自分の服のサイズは?

昨日なんですが、お取引している銀行さんからお電話いただきました。その時どうしても対応できなく、後ほどこちらから折り返ししました。そうすると集中のコールセンターに繋がれたみたいなんです。なかなか要領が得ず、やっと支店につながりました。担当を呼んで欲しいとお願いしただけなのに数分要していました。最近、集中のコールセンターにて対応する大手企業は多くなっています。またSOHO(Small Office Home Office)と言って小さなレンタルオフィスでも数名のスタッフのオフィスでも電話を繋いでくれるコンシェルジュ契約しているところもあります。「担当を確認してまいります。しばらくお待ちください」と普通は、オフィスに居るか居ないだけなのに、保留で待たされることもしばしばです。ある企業が沖縄にコールセンターを地域活性化のために移動させたことがあったのですが、あまりに対応が不備すぎて都心部に戻したこともありました。電話って、用事があってかけて来ていただいている訳ですから、ビジネスチャンスとしてはとても大切な一面ですので粗末にしてはいけません。コスト高になっても銀行でも各支店で対応してはいかがでしょうか?
いよいよ本題へ。今日は、ファッションについてのネタです。繊研新聞社によると大手百貨店の伊勢丹が、下着メーカーのワコールの3Dボディスキャンの機械を用いて婦人服のマッチングサービスを展開したと報じていました。その名も「マッチパレット」と言ってお客さんの体の18箇所を測定して5段階のチャート分類と27種類の体系に大別します。僕なら中肉中背で不知火型(相撲の土俵入りのこと!なんのこっちゃ!)に大別されるのかもしれません。これはジョークですが、それで伊勢丹に入っている50ブランドより1万点の中からあなたにお似合いのリコメンドを紹介してくれます。確かに体型は日々変わりますが、大まかなことを把握しておくと返品のリスクも減るのではないでしょうか?僕も夏場ということもあり少し脂肪分が抜けつつあって従来どのブランドでも日本サイズならLを着ていますが最近Mサイズでも可能になってきてますので、タイトのシルエットがいいのか?ラフに着こなすのか?などシーンによっても理解していると便利ではないでしょうか?「マッチパレット」は残念ながら伊勢丹新宿店の婦人服売り場で展開しています。お試ししてみてはどうでしょうか?