根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

紙ベースの本がいい!

ここのところ大雨の降りかたが半端ではなくなってきました。熊本県では、大災害になっていてお亡くなりになられた方もたくさんいらっしゃいます。ご冥福をお祈りします。近畿地方でも昨夜から断続的に降り続いて今朝は、大雨で飛び起きました。音もかき消されるくらいで、横殴りの雨でした。この時期の5時ですので十分明るいはずなんですが、雨量があったので視界がとても悪く、ガスもかかった状態でした。我が家は、50年以上前に竹藪から開発されてところですので傾斜地に家が建っています。昔、父が言ってたことは竹藪だったために地盤が強いなどと言っていましたが、どこで地滑り起こすかなんて全くわかりませんので油断はできません。むしろ裏側のお宅と段違いになっていて法面の上に建っています。法面が粒子の小さい土砂の上からコンクリートしているだけですので、雨量がさらに増えるとどうなるのかわからないので警戒しておくべきです。今までとは気象の状況が全く違いますので、都心部に住んでいても水害になることも有り得ますので各自、災害に備えておきましょう。我が家に災害用にリュックサックを玄関においてありますが、備品チェックしなといけません。
いよいよ本題へ。今日はグラフィック関係と言いますか、本の流通に関するネタです。5月期の店頭売上前年比調査が日本出版販売さんから発表されていました。それによると、雑誌は数字を落としいましたが、書籍・コミック・開発品に関しては同月前年比を上回っていました。5月ですので、ショッピングセンターなどに併設していた店舗などが従来より営業時間が少なかったにもかかわらず健闘している状態です。また調査1,762店舗のうち3%は、休業もしていました。雑誌が減少している理由も発売延期になっているものがあったからと分析しています。ファッション雑誌などは、コロナ禍に服を買うという衝動にもならず、雑誌でチェックもなぁ〜と買わないようになったのではないでしょうか?書籍では、僕らの業界でもよく言われていたことですが、子どもの休校で自宅で強制的!に勉強させたい大人が、ドリルなどの学参ものの重版で印刷受注していたと印刷機械メーカーの担当者さんから教えてもらいました。コミックについては、爆上げの状態で同月前年比でなんと157%となったと報じています。主に牽引したものが「鬼滅の刃20」でした。開発品とは、ムック本でおしゃれ少女に人気のX-girlのショルダーが入ってものが売れたと報じていました。紙に関わる製品が、我が社の守備範囲ですので喜ばしいことですが、コロナ禍・コロナ後では、市場の動きがどうなるのか?冷静に判断しないといけないと感じます。