根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

紋の意味!?

先日、スポーツジムで
履いているランニングシューズ
がソールがツルツルになって
いました。

今までの走行距離が1,000km
を超えてしまったので、
ソール部分も劣化しているよう
でした。

ジムに関する機器が各社から
トレッドミル
(ランニングマシン)発売されて
います。

ベルトの溝や形状が違うので
特定のメーカーのトレッドミル
で走るとツルツルしてこけそう
になっていました。

それではもうダメだという
ことで1足新調することに
しました。

女房に言わせると、
見た目に遜色ないので
そのまま履いては?
「まだいける!」との
回答です。

特にゴルフシューズなんて
見た目でも全く変わりません。

昨今、ゴルフ場ではスパイクに
なっているシューズの
使用禁止あります。

芝生を傷つけてしまいます。

昨今は樹脂のスパイクもしくは
ソールが捕まりやすいデザインに
なっています。

話は戻して、ランニングシューズ
ですが、ネットで購入すれば
いいのですが、やっぱり
ショップなんです。

ランナーの店員さんと
コミュニケーションしながら
の方がしっくりきます。

先日も店員さんにアドバイス
求めながら購入しました。

店員さんは、トレッドミルなら
足の裏に受ける衝撃が
かなり少ない(ベルトの上を走る)
のでソールは薄い方を
すすめて来られました。

ところがいつも履いている
シューズがソールの
厚いタイプだったので
もうひとつ厚いデザインでも
いいとのアドバイス。

質問してもわからないでは
ショップの店員さんの
存在価値は失われて
しまいます。

ランニングシューズ界の
コンシェルジュでないと
いけません。

さて我が社は、
コンシェルジュやソムリエ
の役を果たしているのか?

まだまだ道半ばなのかも
しれません。

根間印刷の〇〇さんに
相談すると最適な
答えが出てくると
言われる存在にならないと
いけませんね。

いよいよ本題へ。今日は紋(もん)
についてのネタです。

ところで我が家は丸にだき沢瀉
(おもだか)と言われる紋なんです。

はっきり言ってこのご時世、
あんまり興味のないことですね。

世界的に有名なルイ・ヴィトンの
モノグラムは日本の家紋が
モチーフになっている
ことは有名なお話。

我が社のクライアント様の
鱗マークとなんて言い方を
よくされていました。

企業でも家紋から社章に
されているところがよくあります。

先日、どこかでみたのですが
ある一軒家のポストに
菊の御紋のステッカー
が貼られていました。

それにバイクにも
同様なステッカーでした。

「えっ、もしや
そこにお住まいなのか?」

確か東京都千代田区の
ど真ん中なはずなのに、、

ただステッカーを
表札の横とバイクに貼られて
いるだけです。

調べてみると、紋を使用
する制限する法律はありません
でした。

ステッカーは貼っているという
ことは政治思想がお持ちである
印象です。

それに表札の横のポストなどに
ステッカーが貼ってあるということは
ある意味、圧をかけて
いることです。

しかしどうなんでしょう?

若い世代には菊の紋がどういう
経緯なのか理解していない
ことの方が多いんです。

時代ともに紋がファミリー意識から
デザインへと変化しているように
感じます。