根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

発酵トマトにチャレンジ!

昨日は7月25日。
本来なら、大阪では、日本三代祭(神田祭、祇園祭、天神祭)
のうちのひとつ、天神祭が大々的に開催されて、
大阪ではいよいよ夏が本格到来を告げていました。
しかし今年はコロナウイルスの影響により船渡御や奉納花火などが
中止となり主要な夏大祭のみになってしまいました。

我が社は、例年7月25日の午後は休業状態!?なんです。
クライアントさんへは大阪天満宮付近を通過しないと
活動ができないために、クライアントさんに
お願いしてリモート対応させて頂いていました。

また奉納花火の際は、我が社からすぐのところから
花火が上がるため、観客でJR桜ノ宮駅付近は、
大混雑するので、見物に行かないスタッフさんは
早々に退社します。

しかし今年は規模を縮小しての開催ですので
ありがたいことに翌日の町内のゴミが
半端ではないんです。
それがないのは、地域や大阪市清掃局の方の
お掃除がないのでラクできたのでは、
ないでしょうか。

あっ今日のイメージ写真は、今から7年前に
我が社の協力会社仲良しメンバーと
陸渡御(りくとぎょ)と言って、
2.5トンの神輿を70人づつのローテーション
で担いで宮入りする途中で、家族が見物に
来てて撮影してもらった1枚です。
めちゃくちゃ肩が痛いんです。

いよいよ本題へ。今日はちょっとした調味料を
自宅で作ったネタです。

昨日も「社長の部屋」で野菜を義母から
もらって来たとお伝えしましたが、
大量すぎて、この連休で人とも接触しない
ために我が家でなんとか消費しないと
MOTTAINAI(もったいないは世界共通語)ので
食品を腐らせず有効活用するには、
何かないか?とヒマあったら料理の本を
観たりと探していました。

発酵トマトというレシピがあって、
保存期間が冷蔵で5日程度とありました
ので採用することにしました。
料理兼研究家の浜田陽子さんの
レシピを参考にしました。

トマトにはグルタミン酸が豊富に含まれていて
旨味が凝縮されています。時間の経過とともに
プクプクと酵母が増えて発酵が始まり
旨味成分もさらに増えてきます。

材料は以下になります。
トマト 500グラム
ニンニク ひとかけら
塩    40グラム
はちみつ 40グラム

まず、トマトを5ミリくらいの大きさに
カットします。
ニンニクをみじん切りにします。
あとは塩、はちみつを投入して
かき混ぜるのみです。
出来上がりには、殺菌した瓶に
詰めておくだけです。


早速、お昼に、発酵トマトにシーチキン
とトマトを入れて冷製パスタを
作ってみました。
パスタもレンジでチン!とするだけ
ですのでお手軽料理です。

サイトを見てみると、オムレツや
豚の生姜焼き、納豆のせ、
冷やっこなどにも有効です。

どっかチャンスあれば「サラメシ」にも
登場するかもしれませんよ~。