根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

先を見越しての提案できるか?

先日、ランニングシューズ
を新調しました。

ここのところレースつまり
本番用のシューズは
購入していないのですが
練習用として3足で回して
います。

ビジネスシューズも然り
ですが、毎日履くと
寿命が短くなるので
なん足かで回して
います。

ビジネスシューズは
上下の服の色に
合わすように
していますg、
スーツでも黒・紺なら
黒色のシューズ。

明るい色なら茶系
のシューズにしています。

ビジネスシーンですので
やっぱり黒色が多くなります。

話は戻ってランニングシューズ
ですが、できるだけ店頭で
購入するように
しています。

確かにネットで購入すると
お得なのですが、
昨今のメーカーの違いや
動向、そうそうカーボン入り
のシューズの話を収集する
ためです。

どうしてもトレーニングは
もっぱらおひとりさま
ですので、新たな情報を
ゲットしながら、タイム
が縮められる方が
いいので、、、

そのために、先日仕事終わりに
購入しました。

店舗に行くと、セールに
なっているものもあるのですが
シューズの平均単価が上がって
いるのは間違いありません。

プライスカードに3万円を超える
商品が出ています。

いわゆるカーボンシューズ
やハイテクのソールが
装備されているものが
高価格帯です。

店員さんに聞くと、
よく売れているとの
ことでした。

それに高価格帯のシューズ
ですが、170から300km強
しか使用できません。

ソールも柔らかい素材ですので
消しゴムのようにどんどん削れて
いきますので、個人差は
あるものの1,000kmなんて
明らかに耐久性がありません。

お金でタイム
を買っているようなものです。

僕はトレーニングに使用
するので高価格帯の商品では
ではなく耐久性重視です。

定価より多少値引きしたものを
購入することにしました。

その商品の特徴を調べてみると
シューズのアッパー部分には
50%以上にリサイクル素材
を使用していて、環境を
アピールしています。

今回、購入したシューズは
アディダスなんですが、
サイトをみてみると
社会循環型の企業
であるとブランディング
しています。

購入する側も、大量生産・
大量消費だけではなく、
社会循環型企業から
商品を購入することを
忘れてはなりません。

前置きでも企業のことを
言及しましたが、後段も
企業に関するネタです。

今朝なのですが、いつも
より早く目覚めました。

曇っていればランニングと
しようと、ソファーに
ランパン・ランシャツを
おいておきましたが
ヤメにしました。

雨がパラパラでした。

本日は曇りの予報ですので
夜にトレーニングに変更
です。

そんなことで気温は高くなかった
のですが、湿度が70%以上だった
こともあり起きてしまいました。

朝食まで時間もあったので
SNSを見ているとある
不動産関連企業の
広告が入ってきました。

あるページに
東京メトロ南北線が
2032年に延伸されて
白金高輪駅先の
品川駅まで行く
ようになります。

そうなんです。
以前、白金台のホテル
を定宿にしていた時は
品川駅で下車して
タクシーしかなかったん
です。

今後ますます便利になります。

確かに不動産取引を
すぐにしたいものですが
長期目線で提案することが
必要です。

我がグラッフィック産業の
場合、例えば出版の
お仕事の場合、1,000冊と
2,000冊では用紙代と
製本代の差しかないので
2,000冊の注文が慣例
でした。

つまり多めに印刷した方が
お得。

これでは、出版会社さんと
しては在庫を抱えて
しまうことになります。

うまくコスト削減のお手伝い
をさせていただきながら
ライバルのお仕事もいただき
長期目線での展開が大事
だと思います。

結局は、出版会社さんが
儲けていただて発展
のお手伝いが大事です。

営業としてはついつい
目先の売上を気にして
しまいます。

しかしクライアント目線や
クライアントの先の
クライアント(読者)
のところまで考えた
サービスをしないと、、

残れないことに
なります。