根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

ボルビック年内で販売終了

我が家ネタなんですが、日曜日に鉄板焼きをした時に貝柱のバター焼きをしたくて母の冷蔵庫からバターを拝借しました。そうするとバターに食パンがついていたので、僕は気づきました!大胆にも食パンにバター丸ごとを擦りつけているようでした。母には衛生上あんまり良くないので、バターナイフで必要な量を取って塗るようにして欲しいと懇願しました。鉄板焼屋さんのようにバターの塊を鉄板につけるのは、使用量が半端ではないからです。母からの言い訳「時間がなかったから!」というのですが、我が家のひとり娘のしーちゃんが「時間はたっぷりある!」と突っ込んでいました。僕の解釈では、トースターで熱したパンにバターナイフなどで塗っている時間がかかるという意味です。母は、年齢的に硬いバターを切り分けたりすることができにくくなっていますので、ホテルに出てくる個包装の方がいいのかもしれません。最近は、コロナ禍で大皿料理を家族でも、じか箸することはなくなりましたので、より一層の衛生管理が必要となりました。
いよいよ本題へ。今日は、ドリンクに関するネタです。20年くらい前まで、水にお金を払うって習慣がありませんでした。まして日本では、蛇口を捻ると出てきますので問題ありませんでした。本来ドリンクってジュースや缶コーヒーを買うものの認識から水道水は塩素臭いや健康ブーム、海外では水を買う文化に倣い当たり前になってしまいました。僕もいつもトレーニングではContrex(コントレックス)を飲んでいます。カルシウムイオンやマグネシウムイオンを多く含む硬水ですので、足がつならないようにおまじない!のため買い溜めしています。また仕事中、甘い飲み物よりかは炭酸水の方が、喉を潤してくれますので良く買います。そんな海外からのミネラルウォーターのはしりのボルビックを日本国内で販売しているキリンビバレッジが、今年の年末で仏企業との製造委託契約が終了すると朝日新聞が報じていました。そうあの青いキャップで四角いペットボトルでラベルが山のイラストで有名です。このキャプが日本のペットボトルのキャップとは互換性がないのでイライラした方は多いのではないでしょうか?今後は独自商品を開発するとのことです。ここのところ暑くなってきてトレーニング後にガツン!と甘いものもよく飲むようになりました。