根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

キプチョゲ、サブ2達成!

ただいま台風19号の中心は太平洋側に移動しましたが、関東甲信越に大きな爪痕を残しました。堤防が決壊して今もなお水が集落に流入しています。住民が孤立し、自衛隊のみなさんがヘリコプターで救助しています。一刻も早く、決壊をくい止め住民さんの日々の生活に戻るように政府・自治体と協力しながら再建できるようにしてもらいたいものです。そんな台風19号が日本列島通過のためにこの3連休でイベントが中止になりました。僕も今日は滋賀県長浜市で開催される「あざいお市マラソン」が中止になりました。この大会は、秋からのマラソンシーズン開幕で毎年楽しみしています。ハーフマラソンで制限時間が短い(たしか2時間30分)ですが参加賞がお米ですので、我が家の女房公認!?の大会です。来年も参加しますので、開催してください。
いよいよ本題へ。今日はそのままマラソンネタです。ネタ探しに横着したな!と思われるかもしれませんが、人類の最速を目の当たりしました。昨日、オーストリア ウィーンで「Ineos 1:59 Challenge」というイベントが開催されました。名前の通りフルマラソンを1時間59分で走りきるイベントを化学メーカーのIneosのスポンサーのもとキプチョゲ選手にゴールさせるプロジェクトです。現地時間8:15分のスタートでほぼアップダウンのない周回コースです。ペースランナーがキプチョゲ選手を囲むようにペーサーが前方に5人、後方の2名のひし形の隊列で1キロ2分50秒でタイムを刻んていきます。先導車もITを活用してアウディ社の最新のSUVか1キロ誤差0.2秒でペース先導します。あらかじめプログラム組まれ緑色のレーザーを発してペーサーがついていきます。SUVからの1キロあたりのペースやこのままでのゴールタイムなどが刻々と電光掲示板に表示されながら走ります。そのペーサーの中はアフリカ系アスリートばかりの中に日本人である村山紘太選手(旭化成)が選出されていました。ペースを正確に刻んだ結果、1時間59分40秒(僕のほぼ倍のペース)でキプチョゲ選手はゴールしますが、余裕のゴールでした。人類の世界新を叩きたすプロジェクトは大成功!今後はオリンピックやメジャーレースで1位で帰ってきて欲しいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=k-XgKRJUEgQ&t=10981s