根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

カルピスのお膝元

今日は前段にどんなネタにしようか迷いました。東京オリンピックマラソン・競歩が北海道に決定にしようかと思いましたが、違う内容で。昨日午前中、お世話になっている税理士さんの月次巡回監査と今期の着地点などの打ち合わせを済ませました。「社長!僕も年明けにハーフマラソン出るんです」とカミングアウトがありました。「ところで直近のベストは?」と聞くと「1時間50分です!」との回答がありました。「えっ!まだ20歳代なんでもっといけるやろう!」と僕がいうと「ところで社長の今期のベストタイムは?」と聞いてきたので「1時間44分」と勝ち誇ったように答えてやりました。「20歳代なんです1時間35分で走らなバリカン!で丸坊主や!!」と返しておきました。あっ!こんなやりとりは今風にいうとパワハラに相当するのかもしれません。もとい、適度ペースで頑張ってくださいですねとしか発破かけられないのか?と感じてしまいます。本当にバリカンで断髪式はしないのですがねぇ。
いよいよ本題へ。群馬県館林市にある東武館林駅がカルピス誕生を100年を記念して、駅のデザインがカルピスの水玉模様になったと地元紙である上毛新聞が報じていました。そもそも館林がアサヒ飲料群馬工場でカルピスが生産されています。水玉模様の由来は、100年前の1919年7月7日の七夕からちなんでのデザインとなりました。今は、ペットボトルにシュリンク素材で水玉のデザインでしたが、僕が子どもの頃は、ビール瓶のように遮光のボトルにファンシー系の用紙(エンボス)に水玉が印刷されていて、包装紙でラップされていました。以前にも紹介したと思いますが、僕の大学時代の卒業論文が「カルピスにおける経営組織論」でしたのでよく図書館で社史をコピーして自宅にあったワープロ(確かシャープの書院)でポチポチした思い出です。そんな縁でこのオッちゃん、意外とカルピスに関しては詳しいんです。ところでアサヒ飲料群馬工場での見学会を実施しているのですが、大盛況で来年の2月まで埋まっているようです。今年の夏もたくさんカルピスをトレーニング後にゴクゴク飲みました。
https://www.asahiinryo.co.jp/company/factory/gunma/