根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

やっぱり社内報は配らなくちゃ!

3日ぶりに自宅に帰還しました。
昨日は終日、金融機関に用事があり、
実印や提出すべき書類を自宅に取りに行ったり
とバタバタした1日でした。

夕方帰宅すると、しーちゃんのお弁当に入って
唐辛子で悶絶してクラスメイトから
爆笑をもらって帰ってきたと教えてもらいました。
しーちゃん曰く「おばあちゃんに殺されそうになった!」
クレームがつく始末。

というのもこの日曜日に野菜をいただいた中に
韓国料理で使用する青唐辛子が1本含まれていて
お弁当のおかずに女房が使用したそうです。
おばあちゃんが栽培した青唐辛子の種子が
激辛のものが混じっていて、
口にした瞬間、漫画のように火が吹いて
のたうちまわった!と怒って帰宅してきました。

個人的に「午後の授業は、眠気も吹っ飛んでいいやん!」
と思いつつ。

もし僕の母が口にしたら、重篤になっただろうと
言っていましたので、ある意味被害者がしーちゃんで
よかった(そんな書き方したら怒られる〜)!の
かもしれません。

昨今、テレビ番組で大盛りや激辛料理を
タレントさんが紹介していますが、
僕もどちらかというと辛いものが好き
ですが、尋常じゃないものは
やっぱり食が進まないものです。

少し前に会社最寄駅でカレーのエクストラ!
というランクを挑戦しましたが、
口腔内が痛い!それに汗が止まらないんです。
辛さは適度にしないとけません。

翌日の!あそこを通過するとヒリヒリもの
なんです。
という事は僕には合っていないのかもしれません。

いよいよ本題へ。今日は「社内報」についてのネタです。
何度か「社長の部屋」で社内報について年末年始に
書いていますが、この時期に書くのはあんまり
ない事なんです。

ちょっとご縁があっていつも社内報を送ってきていただいて
います。
先日、コロナ禍でも株主総会を開催された内容が掲載
されて早速、我が家に届いていました。
売上規模が千億円規模規模ですので、支店・営業所が国内もとより
海外にも進出されていたり、メインビジネスからの延長線から
発生した新ビジネスが軌道に乗って収益を上げていると
経営して端くれでも参考になることが記事に
なっていました。

またスタッフも全国にたくさんいらっしゃいますので
お仕事ぶりや個人的に仕事にあたりポリシー
なども紹介されていました。

我が社では超のつく零細企業ですので、
スタッフさんの動きなどすぐに
デスク、機械の前に行けばわかりますが
組織が大きくなると「社内報」の役割
というのは大変にありがたいものかもしれません。

我が社でも情報伝達の役割でお取引させていただいて
いますので、いつの内容なの?だから印刷って
配布することに時間がかかるなど、マイナスポイント
に含まれることが多いのですが、
適切に手に届いて家族で見て「あの方、ご結婚されたんだ!」
とか「経営陣の思い」などもいろんな側面が、
社員さん、ステークホルダーにも
理解される事は、ある意味経営の透明性という
メリットもあるのかもしれません。