根間印刷株式会社根間印刷株式会社

KONMA

menu

印刷のことなら根間(こんま)へ!

創業1954年より製薬業界の出版物
印刷物を数多く手掛けてきました

大阪本社
大阪市都島区中野町二丁目12番18号 MAP
東京事業所
東京都千代田区神田神保町二丁目14番
朝日神保町プラザ804号
MAP

社長ブログ

その通り!ひとは忙しいところで働く

いつも利用しているのですが、人とのすれ違いがほとんどないランニングコースがあります。アスファルトではなく足の負担の少ない舗装されていなくてクッションがあるコースなんです。1週が900m弱をグルグルと12週してきました。周回としては修行(苦行!)になってしまいますが、アップダウンも多少あって心肺トレーニングには最適なんです。トレーンングを終えて、ドリンクは腰に下げているのですが冷たいものが飲みたくていつもの自販機ではなく、少し離れてたところにできた自販機で購入しました。横に、最近見かけることが少なくなった公衆電話ボックスを見つけました。僕の町内にも数年前まであったのですが、維持費、利用回数などを考慮すると撤退となっていました。数年前ですから、携帯・スマホもひと通り行き渡ってるにもかかわらず、深夜におじさんがこっそり電話していたりと家では話せない内容なのか?どこかにかけていらしたシーンをよく見かけました。今の時代、電話という存在は、ひとりに最低1台割当されていますが、昔は固定電話で好きな女の子の家に電話するにも一苦労で「〇〇さんいらっゃいますか?」と呼んでもらうのですが、〇〇さんのお父さんが出てこられて「居ない!」とバシャ!と電話を切られる始末。電話でドキドキすることは若い世代ではなくなったのではないでしょうか?
いよいよ本題へ。今日は今後の働き方のネタです。昨夜の日経新聞電子版に興味ある記事を見つけました。コロナウイルス拡大によって、メチャクチャ忙しいネット小売メーカーは、他業種からの助っ人要員として世界的に「従業員シェア」の広がりを見せていると報じていました。実例としては、最大90日間の一時帰休や賃金カットを実施しているヒルトンクループは、提携したアマゾンや物流のフェデックスを含む約80社へ求人紹介を行なっています。雇用関係はヒルトンが維持していて収入源を補うことをしています。ということは忙しい会社はいろんな事情で稼働しない会社へ人を移動させることが弾力的に有意義だと思います。我がグラフィック業界でも、今大爆発して大忙しという会社と稼働が止まっている企業があるのでうまく人財を融通することも今後、企業活動つまり企業経営するには、「従業員シェア」させるプラットホームが必要なのかもしれません。